前橋市F様邸のエクステリアです

1_20120129123515.jpg


Before
2 3



F様はアーテリアの、アプローチ部分の石畳を気に入っていただき、
駐車スペースには、石畳を取り入れました。
5


車4台がゆったりと、とめられる広さです。
4


落ち着いた色調の中に、
赤いポストがアクセントとなって、とても素敵ですね
6


F様邸では、目隠しの壁や積み石など、
曲線を描いている箇所が多く、
流れるような、自然な美しさが感じられます。
7

植物や花々が加わって、
さらに、華やかで優雅なお庭になりますね


⑧

小さな娘さんがいらっしゃるF様。

このお庭で、娘さんの成長を感じながら、
楽しい時を過ごしていただけることと思います。

F様、ありがとうございました


F様はソファもお選びいただいております・・・・家具お届け編


<aoki>


関連記事

2012.01.29 | お届け実例 | トラックバック(0) | コメント(0) |

高崎市のK様のお宅(新築マンション)にお届けしたソファ、ダイニングチェアを
ご紹介させていただきます!

RIMG2824.jpg

K様にお選びいただいたのは、ソファ<HM> 幅180cmの2.5人掛けです。

<HM>は、座面のクッションが分割されていないモデルなので、
見た目にはボリューム感を抑えてすっきりと、座る時には場所を選ばず
自由なスタイルでお使いいただけます。

RIMG2825.jpg
角を落として丸みを帯びたデザインが優しい雰囲気のソファです。
ダークグレーの張り地は、起毛していて肌触りが良く、高級感がありますね


【ダイニング】
RIMG2818.jpg
ダイニングには、ハンス J.ウェグナーの 『Yチェア(CH24)』 と 『PP68チェア』 を。

RIMG2819.jpg
 ↑  【Yチェア】 

RIMG2820.jpg
 ↑  【PP68チェア】 

デザイン違いで2脚ずつお選びいただきましたが、材質はともにビーチ材の
ソープフィニッシュで合わせています。

はじめは4脚ともYチェアでお考えでしたが、通路が狭くなるのを心配されて、
2脚は、Yチェアよりも奥行きが浅くアームもコンパクトな、PP68にされました。


*プラスαで・・・*  ↓
RIMG2834.jpg
 

RIMG2835.jpg
 北欧の名作椅子に、ギャッベのザブトン

座面がペーパーコードで張ってある椅子は、使い始めはピンと張りがあり、
堅めの座り心地です。

何年も使っていくうちに、段々体になじんでいくのですが、さらに(アーテリアおすすめ
ギャッベのザブトンをお使いいただくと、やさしい肌触りで座った時の感触も
とても気持ち良いですよ。


RIMG2827.jpg
 

RIMG2829.jpg
 
お写真には写っていませんが、K様にはPH50ペンダントライト(ワサビグリーン)も
ご購入いただいています。

PH50ワサビグリーン
 
テーブルの上に優しい明かりが灯ると、お部屋の雰囲気がよりほんわかと
落ち着ける空間になりそうですね

Kさま、新築マンションでの新しい生活には、もう慣れましたか?

またお店にも遊びに来てくださいね




(ogawa)




関連記事

2012.01.23 | お届け実例 | トラックバック(0) | コメント(0) |

寒いですねぇ

RIMG3166.jpg
今シーズン初の雪化粧ですね。

昨日の予報では、あまり雪のことは言ってなかったですよね。
みんな、朝起きて驚いたのか、出勤時間は大渋滞でしたね

道路は全然積もっていないですが、やはりみなさん徐行気味に走っているのか、
普段とは違う道路状況です  みなさま、お気をつけて!


こんな寒い日は、薪ストーブの前でのんびり過ごすのが一番ですね

アーテリアでは、1月28日(土) 薪ストーブのミニ体験会
開催致します。

『薪ストーブ体験会』というと、毎年秋に店舗前の駐車場で開催していますが、
今月から、月に一度くらいのペースで、店内で「体験会」を行いたいと思っています。

RIMG3169.jpg

屋外での体験会は、大人数の方にご参加いただけるので、
かなりにぎやかに開催できるのですが、
薪ストーブの温かさを体感していただくのは、やはり室内でないと

ということで、小規模ですが店内での『体験会』をこまめに開催していきたいと
思います。

「にぎやかなイベントは苦手」という方、「じっくり話を聞きたい」という方に
おすすめです

ミニ体験会は、予約制とさせていただきます。 
28日(土) ①11時~  ②14時~
約1時間程度の予定です。

簡単なストーブ料理の試食もご用意いたします
RIMG3172.jpg


煮込む前は、蓋が閉まらないほどだったのに・・・
RIMG3165.jpg
 Staub(ストウブ)の鍋で煮込むと旨みが凝縮されて、素材の味が引き立ちます


*参加のご予約は、お電話でお願いいたします。

 027-362-7633

お気軽にお問い合わせください

関連記事

2012.01.20 | 薪ストーブ(一般) | トラックバック(0) | コメント(0) |

高崎市のO様邸にお届けしました、ギャッベとリビングテーブルのご紹介です!

RIMG3085.jpg

きれいな赤のギャッベ。
黄色のアクセントが効いています。

O様がこのギャッベを選ばれたのには、実はこの黄色の柄に秘密があるんです

ジャーン  ↓  ↓  ↓

RIMG3088.jpg

リビングテーブルのサイズとギャッベの柄がピッタリサイズなんです。

O様には、ギャッベより先に、このリビングテーブル <チェリー無垢材> のご注文を
いただいていました。

そして、テーブルの納期をお待ちいただいている間に、ちょうどアーテリアの
【ギャッベフェア】開催のご案内が届き、「どんなものか見てみよう」という感じで
ご来店いただいたそうです。

そこで待っていたのが、運命の出会い

もともと絨毯をお探し中という訳ではなかったO様ですが、ギャッベの特徴である、

・ 冬にあたたかく過ごせるだけでなく、夏はサラッと涼しくお使いいただけるウールの特性
・ 一生ものとしてご愛用いただける耐久性
・ 草木染めの魅力
・ お手入れが簡単なこと

 などをご理解いただき、なんとお気に入りの一枚に出会われてしまったのです

RIMG3092.jpg
大きさもお色も、バッチリですね。

使い込むほどに味わいを増していく、ギャッベ。
10年後、20年後が楽しみです。


RIMG3089.jpg
チェリー材のテーブルも、シンプルなデザインだからこそ、素材の持ち味が活きてきます。

チェリー材は使っていただくうちに、段々とあめ色に色づいていきます

時間をかけてひと目ひと目、織り子さんが想いを込めて織ったギャッベと、
家具になるまでに長い年月をかけて育った木を使って作られたテーブル。

どちらもO様の家族の一員ですね。

どうぞ、ゆっくりと楽しんでいってください。

ありがとうございました



(ogawa)






関連記事

2012.01.16 | お届け実例 | トラックバック(0) | コメント(0) |

高崎市のT様邸にお届けしました、ソファ<GRVA>をご紹介します。

P1030243.jpg

T様は、コーナーソファからの買い替えで、この【GRVA】をお選びいただきました。

【GRVA】は、奥行きが110cmあり、ゆったりサイズのソファです。
T様にお選びいただいたのは、幅が210cmの2.5人掛けタイプです。

普通、210cmあれば、3人掛けと呼ばれる大きさになりますが、
このソファは、奥行きが深いのでバランス的に幅も大きくなり、
幅が230cmのものを3人掛けと設定しています。

買い替え前はコーナーソファをお使いでしたので、ソファ1台だけになると
ボリューム的にちょっとさみしく感じられるのではと思いましたが、
お子さまが独立されたりして家族構成が変わり、ソファに対する要望も
変わられたようです。

そして、その買い替えにこの【GRVA】をお選びいただいたのは、大正解ですね

奥行きが深いだけのソファでしたら、海外製のものなどで探すことは
できると思います。
でも、このソファは私たちが信頼するソファ専門の工房で作った日本製です。
構造や座り心地に関するノウハウとそれを実現する技術の高さ、
さらにデザイン性。

日本人の体格や生活スタイル、住宅の大きさを考えて設計されています。
そんなのは当たり前の事のようですが、実際には、製作の効率ばかりを
優先して作られたものが出回っているのが現状です。

買い替えの方こそ、以前使っていたソファの気に入っていた部分と
後悔している部分がはっきりしているので、ソファを見る目が厳しくなります。


さらに、ご自身の中で ソファを選ぶ基準 が定まっているので、
『より良いもの』、『自分に合ったもの』 を見極めていただく時間が早いようです。

P1030242.jpg

コーナーソファを置かれていた後なので、この110cmの奥行きを大きすぎるとは
感じないかも知れませんが、実際に座ってみると、その包容力に驚かれると思います。

「ソファに座る」 というよりは、「ソファに上がる」 という感じでしょうか。

(特に女性に多いのかも知れませんが) ちょっと小さめの椅子でも、
座ってから時間が経つと、いつの間にか座面に足を上げて横座りしていたり、
膝を抱えるような体勢をとっていることはないでしょうか?

または、ソファから下りて床に座り、ソファを背もたれにしている・・・

そんなシチュエーションを考えると、このソファの 奥行きの深さ=ふところの深さ
実力が発揮される場面が容易に想像できると思います。

今回ご紹介した、【GRVA】だけではなく、アーテリアで展示している他のソファも
厳しい目を持った買い替えのお客様にも支持されている、商品がたくさんあります。

それぞれの価値基準によって、ソファを選ぶポイント(サイズやデザイン)は異なりますが、
最も大事な要素である、座り心地と耐久性はどれも抜群です

ぜひ、アーテリアへあなたの 「一生モノのソファ」 を見つけに来てください。



(ogawa)




関連記事

2012.01.15 | お届け実例 | トラックバック(0) | コメント(0) |

高崎市のM様邸にお届けしました、オーセンティシティ ソファ<BⅡ>を
ご紹介します。

M様は12年前のご新築時にも、アーテリアでソファやテーブルを
お求めいただいているお客さまです。

今回は、以前お求めいただいたソファ2台のうちの1台を買い替えされるために
ご来店いただきました。

以前は、革張りのソファをお使いいただいていましたが、今回は、
布張りで、カバーを外してクリーニングに出したり、季節ごとに
着せ替えを楽しんでいただけるものをお選びいただきました。

P1030277.jpg
リビングテーブルを挟んで対面に2台のソファを置かれていますが、
今回買い替えをされたソファは、背中がダイニングから見える配置になります。

背中が見えるといえば、うしろ姿も美しいウッドフレームソファの出番です

P1030276.jpg
以前は、マスタード色のソファが並んでいたリビングが、
ウォールナットのフレームに落ち着いたベージュのファブリックのソファに変わり、
お部屋の雰囲気がだいぶ変わりましたね。

ソファを替えると、「プチリフォーム」したような気分が味わえます。
決して大がかりな工事だけがリフォームではないと思います。
ソファの張り地を替えるだけでも、かなりのイメージチェンジになりますよ


 ↓  ↓  ↓ 
P1030279.jpg
ご新築時にお求めいただいた、チェリー材のダイニングテーブル。
きれいに色づいていますね。


P1030275.jpg

最近の傾向ですが、ソファをお求めいただく方が、オプションでヘッドレストを
追加されることが多いように思います。

M様もひとつ付けていらっしゃいます。

壁側に置いて使われているソファが、ハイバックタイプで首までもたれることが
できるのですが、ソファの背中側に壁がない場所ですと、背の高いソファは
圧迫感が出てしまい、お部屋を狭く感じさせてしまう場合があります。

そんなときに、取り外しが可能なヘッドレストは、とても便利なアイテムでは
ないでしょうか。


長い間 アーテリアの家具をご愛用いただいているM様、
本当にありがとうございます

これからも、自信を持ってお勧めできるアイテムを取り揃えて参りますので、
時々、お店をのぞいてくださいね。

また、家具のメンテナンスなどについてもお気軽にご相談くださいませ。



(ogawa)



関連記事

2012.01.14 | お届け実例 | トラックバック(0) | コメント(0) |