FC2ブログ
アーテリアの「一生モノのソファ」をお使いいただいているお客様より頂戴しました
感想のコメントを紹介して参ります。


バナー


今回は、【Y様】 高崎市 <AUTHENTICITY BⅡ> をご紹介いたします。 納品:2012年12月

Y-17.jpg

<sofa AUTHENTICITY BⅡ・3P・ウォールナット材> W2000 D870 H800 SH400
  上の写真は、参考写真です。

Y-172.jpg

  張り地:TU-MB(モカベージュ) 


BⅡY2
画像クリックで拡大


ソファの買い替えをご検討されて、来店いただいたY様。

はじめて来店いただいた日に、ウッドフレームモデルの中の、
<BⅡ>と<RK>を気に入られ、一晩お考えいただいて、
翌日に再度ご注文に来ていただきました。

お決めになったのは<BⅡ>。

<RK>との違いは、主に、フレームのデザイン、
3Pの場合のサイズ(BⅡは200㎝、RKは180㎝)、
背中のクッションの硬さ(クッションの中材の構成が異なります)です。

Y様は、<RK>に比べると少し硬めで背中全体を支えてくれるような<BⅡ>の
座り心地をお気に入りいただいたようです

*もし、「フレームのデザインは<RK>が気に入ったけれど、座り心地は<BⅡ>の方が好みだ」
 というような場合には、クッションの仕様変更も承っております。
 



Y様にいただいた感想にありました、「長く座っていると、クッションが沈んでしまう」という
点ですが、座面の表面側には 『 スモールフェザー 』 と呼ばれる、羽軸が4㎝以下の
厳選された高級フェザー(羽根)がたっぷり入っています。

そのため、クッションに体重がかかると、クッションの中の空気が抜けて、
見た目には少しつぶれた状態になってしまいます。

ソファのダメージを例える時によく使われる 【 へたる 】 という言葉がありますが、
これは、クッションの芯材にあたる『ウレタン』がつぶれて復旧しなくなってしまった状態を
指します。

アーテリアでお薦めしている「一生モノのソファ」は、ほとんどのモデルで、
座面と背中のクッションに、フェザーが入っていますので、長時間座った後は、
クッションがつぶれた状態になります。

ただ、これは羽毛布団の空気が抜けた状態だと思っていただければ、
手でポンポンと叩いたり、カバーのファスナーを開けて空気を含ませてあげたり
しますと、またパンパンに膨らみます

ちょっと面倒に感じるかも知れませんが、この作業を “日常のメンテナンス” と思って
いただけると、いつもふかふかのソファに座っていただけます。

また、ヒトはどうしてもいつも同じ場所に座りがちです。
ソファの中心寄りに座る癖があると、前から見た時に座面が「V字型」に偏ってしまう事も
あります。

こんな時は、がんばってポンポン叩くよりも、座クッションを左右で入れ替えてしまうのが
オススメです。


「少しつぶれたくらいのクッションの方が座り易い、自分好みだ」という方もいらっしゃると
思いますが、「見た目」が気になる方は、ぜひ『ポンポン』をお試しください


Y様、貴重なご意見をいただきまして、ありがとうございました



関連記事

2014.05.26 | ソファのある暮らし | トラックバック(0) | コメント(0) |