FC2ブログ
高崎市のO様邸にお届けしました、ギャッベとリビングテーブルのご紹介です!

RIMG3085.jpg

きれいな赤のギャッベ。
黄色のアクセントが効いています。

O様がこのギャッベを選ばれたのには、実はこの黄色の柄に秘密があるんです

ジャーン  ↓  ↓  ↓

RIMG3088.jpg

リビングテーブルのサイズとギャッベの柄がピッタリサイズなんです。

O様には、ギャッベより先に、このリビングテーブル <チェリー無垢材> のご注文を
いただいていました。

そして、テーブルの納期をお待ちいただいている間に、ちょうどアーテリアの
【ギャッベフェア】開催のご案内が届き、「どんなものか見てみよう」という感じで
ご来店いただいたそうです。

そこで待っていたのが、運命の出会い

もともと絨毯をお探し中という訳ではなかったO様ですが、ギャッベの特徴である、

・ 冬にあたたかく過ごせるだけでなく、夏はサラッと涼しくお使いいただけるウールの特性
・ 一生ものとしてご愛用いただける耐久性
・ 草木染めの魅力
・ お手入れが簡単なこと

 などをご理解いただき、なんとお気に入りの一枚に出会われてしまったのです

RIMG3092.jpg
大きさもお色も、バッチリですね。

使い込むほどに味わいを増していく、ギャッベ。
10年後、20年後が楽しみです。


RIMG3089.jpg
チェリー材のテーブルも、シンプルなデザインだからこそ、素材の持ち味が活きてきます。

チェリー材は使っていただくうちに、段々とあめ色に色づいていきます

時間をかけてひと目ひと目、織り子さんが想いを込めて織ったギャッベと、
家具になるまでに長い年月をかけて育った木を使って作られたテーブル。

どちらもO様の家族の一員ですね。

どうぞ、ゆっくりと楽しんでいってください。

ありがとうございました



(ogawa)






関連記事

2012.01.16 | お届け実例 | トラックバック(0) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://arterior.blog98.fc2.com/tb.php/264-bf875ae8